企業の未来を考えるシナリオプランニング勉強会を開催致しました。

こんにちは、トライアルオフィススタッフ玉置です。
今回は9月13日(金)に開催致しました。シナリオプランニングの勉強会のご報告をさせて頂きます!

通常は、ピッチDayなのですが、今回は勉強会という形でのイベント開催となり
いつもと少し違った雰囲気で始まりました(*^_^*)

美味しいお食事も頂きながら、今回講師としてお越し頂きました
株式会社スタイリッシュ・アイデア代表取締役である荒井さんからのお話しに皆さん
興味津々でお話しを聞いていました。

シナリオプランニングはとは、未来を予想する手法ではなく、未来に備えるための手法として1970年代にロイヤル・ダッチ・シェルによって生み出された手法だそうです。

今回考えてみたテーマは「企業の未来」 浜松の未来も気になる所ですね!

 

まず始めに2人組になり、ワークを行ないました。
2030年の自分を想像すると思い浮かぶ事というお題で話しあいました。

なかなか、未来の自分、未来の社会、未来の暮らしなど想像する事ってないのかなと思います。最悪な事態、そうならなかった時、ラッキーな人生、想像する事で見えてくる。
今やる事、やらなきゃ行けない事、選択肢、目を背けてきたことも見ざるおえなくなるような気がしました。

次に行なわれたワークは、定性的・・・属人的判断が残る世界(評価がデータとしてもあるが、普段の態度や伸びしろも評価とされる) 定量的・・・個人がスコア化される世界(データに基づく評価、数値化されて評価する人に左右されない平等性)そしてジョブ型とメンバーシップ型の仕事の仕方として分かれた時、今後の社会はどうなっていくのか?自分達をどこを目指したいのか?

もし社会がこうなっていった場合、自分の会社が生き残っていけるのか?その時の対策とは?などを考えながら、今度は4組となり考えてみました。

定性的でジョブ型はユーチューバーだね!とか面白いお話しもあったりと、なかなか楽しい話し合いでした。管理側の会社から見た管理のしやすさなどから考えた場合、雇われる側や、働く側からみた場合、「仕事」はなんの為にするのか?ルールや規則は何の為にあり、幸せに暮らせる社会とは?そういった社会を目指す理由はなんなのか?社会的にはもしかしたら、こんな社会になるかもしれないけど、自分の会社はそこを目指したくないよね!など様々な考えがあり、正解はないとおもいますが、考える事により、自分なりの道が見つかるのではないかと思いました。

 

今回、こちらのワークに参加された方々に感想を聞かせて頂きましたが、皆さん、改めて今回深く自分の会社や自分の未来について考えられたとの事でした、想像する事さえなければ、日々の行動も変わらないけれど未来を想像する事で、今やるべきことが見え、日々の行動を変えていくことができれば、未来を創造する事ができる。。

シナリオプランニングが広まる事により、みんなが考えみんなが動く事ができる社会。
そして素晴らしい未来を創造するきっかけがうまれるといいなと思いました。

トライアルオフィスでは毎週金曜日、ピッチや勉強会、交流会など様々な企画を考えております。ピッチをしたい!勉強会を開きたい!という参加者も募集中ですので、お気軽にお声かけ頂けたらと思います。

火曜日から土曜日の通常のご利用も、是非、打合せ、会議、お仕事などご活用頂けたらと思います。それではスタッフ一同、お待ちしております。

月一交流会♪アウトドアビジネス

こんにちは、はままつトライアルオフィススタッフの大久保です!

先週の金曜日は、月一交流会でした♪

今回のテーマは、「アウトドアビジネス」ということで、アウトドアを通じて地域を盛り上げていこうと取り組んでいる4社のみなまさに発表していただきました。

浜松エリア唯一の交流型ゲストハウスを経営する、365BASEさん

トランスポーターのプロショップ、オグショーさん

天浜線の二俣本町に5月にホテルを建てて話題の、山ノ舎さん

そして、今回東京から来てくださいました、アウトドアを楽しみたいゲストと土地を有効活用したいホストを結ぶ、Carstayさん

今回はとても濃厚でアツいピッチでした。

「観光」や「宿泊」のかたちって年々変わってきていて、お泊り=旅館やホテル が一般的だった時代から、車中泊も年々増加しています。確かに、コストもかからないし気軽に泊まれますしね♪

(うちのスタッフの遊佐ちえみちゃんも車で日本1週とかしているんですよ実は!)

車中泊が増加するにつれ、「より快適なカーステイ環境を提供」したり「車中泊のときのスペースを斡旋」したりと、ビジネスの形も広がっています。また、「せっかくなら普通のホテルじゃなくてゲストハウスでワイワイしたい」と思ってくれる方も多く、ビジネスの形も広がっています。

そんな「アウトドアビジネス」についてのメリットや課題、解決法や、つながりたい企業、新たな可能性について、4社をはじめ参加したみなさんと話し合いました♪

わたしの個人的な感想としては、

浜松は、浜名湖もあって海も山もあって、食もレジャーも充実していますが、東京と大阪の中間地点という立地の良さから、せっかく浜松に来てくれても日帰りで帰られてしまうパターンが多いですよね。宿泊施設と周りの飲食店が上手く連携したり、市内の施設が結束したりして「宿泊者特典」みたいなものを作れると、「泊まっていきたい街」になるのかなーって思います。

つまり、宿泊施設やトランポの企業さんだけでなく、いろんな分野の企業・団体・施設が頑張らないといけないですね!(小並感)

あっという間の2時間で、楽しいピッチでした!月一交流会では、浜松の美味しいレストラン「パセレッティ」さんの料理も味わうことができるので、美味しいご飯を食べながら意見交換ができます♪

 

是非皆さんも参加してみてくださいね(^◇^)

 

しずおか未来共創プログラム 募集説明会を開催致しました!

8月9日(金)トライアルオフィスで行なわれました、しずおか未来共創プログラムstartingXIの説明会ですが、今回もたくさんの方々に参加頂き本当にありがとうございました!

しずおか未来共創プログラムとは、100年後の静岡を共に創ろう!を合言葉に
静岡県に本社を置く「静岡鉄道(株)」「静岡ガス(株)」「(株)テレビ静岡」の
3社が協同で実施するオープンイノベーションプログラムです。

新たな時代を迎えこれからの100年を地域の方々と共に歩んでいくため
共創による新たな価値創造に挑戦しよう!と皆さんとても力が入っており
これから起きる大きな変革に期待が高まります!!

まずは静岡県内で抜群の知名度!子供から大人までみんながワクワクする情報を届けてくれるテレしずさんから、お話しがありました!

浜松は本当に元気ですね~!
起業精神、ベンチャー起業家の熱意がありますね!
とお褒めのお言葉を頂き、とても嬉しく思いました。

浜松市、静岡市、文化の違いはあると思いますが、静岡県内で互いの利点を活かしてPRできる事で今後更なる発展が期待出来そうですね!メディアの力はとても大きいと感じております。
だからこそ、今何を発信するのか?どんなことを伝えていくのか?
テレしず様のもつ情報発信の力を活用した、新たなチャレンジ楽しみですね!

 

次は、静岡ガスさんからのお話しです。
ガスだけではなくエネルギー事業の展開もしており、暮らしのなかの電力、Iotなど蓄積されている、情報の活用、一般家庭だけでなく、産業用への販売も多く、幅広いお客さまがいるそうです!
電気、ガスは、今や空気のような存在なくらいなくてはならない物!
これから次の世代に繋いでいく為に今後私達はどんな行動をしたらいいのでしょうか?

 

最後に癒やしのキャラクター「ぽかぽかかものはし」が登場!こちらのキャラクターとのコラボなんかも面白そうですね♪子供達が好きそうな、ポテッっとしたシュルエット!人気急上昇な予感!?

最後に静岡鉄道さんにお話しをして頂きました。
静岡市の方の生活には欠かせない存在の静鉄さん、鉄道だけでなく、幅広く、暮らしに寄り添い地域の為の事業を展開してきた静鉄だからこそできる!は本当に心強いのではないかと思います。

 

衣食住、そして、観光、流通と広い視点から、これからの新たな産業を創る、2020年にはオリンピックもあります。世界から見た静岡、そして静岡からみる世界。これからを担う子供達は意外に世界を近い!と感じているかも。その中で、10年後。20年後・・・そして100年後、静岡鉄道の始まりも初めは製茶問屋から、お茶を輸送する目的で設立された会社と聞きました。

始まりは本当に、小さな取組みからであっても、周りの環境に合わせ、今何が必要なのか、これから何が必要なのかを常に模索し、地域に寄り添い発展し続けて行く事が100年後を目指すこのプログラムの意味であると感じました。

こちらのプログラムへのエントリーはもう始まっており、募集の終了は9月末との事ですのでお早めのエントリーをオススメ致します!!

3社とも大手企業様であり、これまで培ってきた、技術や、知識、多種多様な事業基盤があるなかで、新しい事、今までに無いこと、または今までにない考えを実現していく事に新たにチャレンジする事は本当に大変な事かと思います。

が…。

「今」新しい世界を創り出すことに、地域と共に1歩踏み出して見よう!
という熱い想いを持ったこのプログラムの担当スタッフの皆さまの熱意と
地域の未来を考え、行動する事にチャレンジしようというこのプログラムへ応募した方々の
アイデアが1つになり、未来への希望の光がうまれる事を期待しています(*^_^*)

しずおか未来共創プログラム
エントリー受付中 賞金総額100万円
https://shizuokamirai.com/

【イベント報告】7/24 首都圏×浜松交流会 @東京3×3Lab

今年度は隔月で首都圏で交流会を行なっていきます

昨年度は浜松で月一交流会を行なっていましたが、今年度は隔月で首都圏で交流会を開催していく予定です。

首都圏企業様に浜松、浜松企業、浜松のプレイヤーと直接知り合う機会を作って、浜松を身近に感じてもらう目的です。

7月24日に東京大手町の3x3Labにて開催させていただきましたので、その様子をご報告します。

まずは浜松市・トーマツベンチャーサポートからサポート事業について

まず最初に市役所宮崎さんから本年度のベンチャー支援事業の一つである、「実証実験サポート事業」についてのピッチです。

実証実験にかかる費用の助成(補助率1/2以内、上限200万円/1プロジェクト)という内容です。

ご興味のある方、国土縮図型都市と言われる浜松で実証実験してみませんか?

次にトーマツベンチャーサポート、渡邉さんから「ファンドサポート事業」についてのピッチです。

今回のテーマは浜松の人材

実際浜松で仕事をする場合、どんな人が採用できるのか?という不安があると思います。

今回は浜松にある大学、静岡大学理工学部にスポットを当て、3名に登壇してもらいました。

最初は静岡大学在学中に起業し、プログラミングスクール、AI開発を行なっている、株式会社プログメイトの棱野寿章さんにピッチしてもらいました。

内容は、現在取り組んでいるプログラミングスキル判定ツールを中心にお話ししてもらいました。

浜松の学生対象にツールを使い始めているので、浜松の学生のスキルを近い将来、可視化できるのではと思います。

首都圏企業様でもこの判定ツールに興味持たれた方、是非プログメイトまでお問い合わせください。

次は、静岡大学から若月祐樹さん。

学生でありながら、スタートアップウィークエンドのオーガナイザーもこなしちゃう起業家意識の高い学生です。

起業家コミュニティーに自分だけでなく、周りも巻き込みながら身を置くことで、浜松の学生の意識やスキルを変えていってくれそうです。

最後に静岡大学から吉井謙太さん。

トビタテ!留学JAPAN”第9期生としてシリコンバレー留学をしてきて感じたことをお話しいただきました。

これから浜松を起業家であふれた街にするという大きなミッションを掲げてくれました。

今後の活動に注目です!

この3名のピッチで浜松にはどんな学生がいるのかを少しでも知っていただけたかと思います。

参加者さんからはあたたかくも的確な質疑があったりしてとてもいい会になったと思います。

ピッチのあとはネットワーキングの時間もあり、浜松へ来てピッチしていただけるというお話もあり、開催して良かった、やっぱり会ってみるのは大事だなと再確認しました。

次回は9月開催の予定です。

また詳細決まりましたら、ご案内させていただきます。

最後になりましたが、ピッチいただいた皆さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!!

浜松市ファンドサポート事業・資金調達セミナーを開催致しました!

浜松市ファンドサポート事業・資金調達セミナーを開催致しました。
お忙しい所、沢山の方にお集まり頂きまして本当にありがとうございました!

今回トライアルオフィスにて行なわれましたイベントは、皆さまからの関心が高く満席となりました。
やはりベンチャー企業の悩みの1つである、資金面でのお話とあり、いつもに増して熱気を感じました!

始めにデトロイト トーマツベンチャー サポート株式会社 磯部様より
お話しがありました。

資金調達をする際の考え方や準備など、詳しく順を追ってお話し頂け、ベンチャーキャピタル?投資?とまったく、知識がない私でも、内容を理解でき、投資や株式などといった視点も広がりとても勉強となりました。

もし資金調達をお考えのベンチャーの方、またはベンチャーへの投資をお考えの方々いらっしゃいましたらデトロイトトーマツベンチャーサポート株式会社様へ一度ご連絡をしてみて頂けますと相談に乗って頂けると思います。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtvs/dtvs.html

次にリンクウィズ株式会社 吹野様より 資金調達での経験談をお話し頂きました。

やはりお金の事。

中には、大変な事になるケースも!

しっかりと投資家の方との関係や、条件も提示。相手に足下を見られないように、「自分」を見失わないこと、お金にとらわれないことも大切だと感じました。

投資について、初めから知識があったわけではないとの事。
希望投資額5,000万円かなーと考えていたところ、アドバイスを受けた方に

しょぼい!!と言われてしまったとか。

普通の感覚でいえば、何千万の単位を口に出すだけで恐いのですが...。
その後、事業をしっかりと組み立てボリュームのある事業計画を考えて行き資金調達に成功したそうです。

次に浜松市ファンドサポート事業のご説明がありました。

市が、資金面においても応援してくれる事は、これから成長していこうと日々チャレンジしているベンチャー企業の方々にとっては本当に心強く、事業に集中し、全力を尽くして動く事ができるきっかけとなるのではないかと思います。

これから次の世代へ残していける財産となるような、素晴らしい取組みに期待が高まります!

最後に日本政策金融公庫の方より、資本性ローンのご説明がありました。
資金調達の面では、様々な不安があります。
もし、資金調達をお考えの方がいらっしゃいましたら、一度ご相談してみるのはいかがでしょうか?
資金調達の計画を立てる事により、事業計画もブラッシュアップされ今後の事業の成長にも繋がるかもしれません。

次回トライアルオフィスでのイベントは8月2日 シリコンバレー報告会 18:30~となります。
それではスタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

7月12日にスマート経営勉強会が開催されました!

「スモールビジネスを、世界の主役に。」

こんにちは!初めまして。7月からトライアルオフィスのスタッフの一員になりました!

遊佐です。これからよろしくお願いします。

 

毎月恒例の月1スマート勉強会

7月12日(金)は、【freeee株式会社】 さんが講師を務めてくださいました!

今回のテーマは

「スモールビジネスを、世界の主役に。」

Freeee株式会社さんは、ビジネスを始め、運営し、より強く育てていく。スモールビジネスの各成長段階をサポートするサービスを提供している企業です。その中でも今回はクラウド会計ソフトfreeee(フリー)についてお話して頂きました。

会社経営者の方、個人事業主の方、月末の締め作業どうされていますか?月末ギリギリで入力作業に追われているという方が多いのではないでしょうか??

そんなみなさんの負担が減り、さらにリアルタイムで経営状況を確認できるのが

クラウド会計ソフトfreeee(フリー)なんです!!!

締め作業にかけていた時間を短縮できれば、その時間を他のことに充てられますよね!

☆クラウドソフトfreeeで、経理をぐっと効率化☆

クレカ・口座と連携して、帳簿付けを自動化

ネットバンクやクレジットカードをfreeeに連携すると、日付や金額、取引先などの利用明細を自動で取得します。
勘定科目なども自動で推測します。

 

☆スキマ時間にスマホで経理ができる

スマホアプリを利用すれば、レシートを撮るだけで日付や金額を自動で入力します。経費の入力はスキマ時間にサクッと完了。請求書の発行・管理もアプリで完結できます。*アプリの請求書機能は2019年6月現在iOSのみになります

☆書類作成ははじめてでもカンタン

法人の決算書も、個人事業主の確定申告書も、作成が簡単。もちろん各種会計帳簿に対応しています。見積・請求書の発行も可能です。

みなさんが毎日手にしているスマートフォンで経理の管理ができるのは本当に便利だと感じました!それに面倒な入力も不要!レシートをカメラで撮るだけで自動入力してくれます!

お話を聞いた後のディスカッションでは、皆さんの熱いトークが繰り広げられていました!

私も今回初めて参加させて頂いて、勉強になることばかりでした!

是非、みなさんもお気軽にお越しください!

はままつトライアルオフィスでは定期的に登録企業様を募集しております。市内外・県外の皆様のご利用心よりお待ちしております。

7/5 「始動」Next innovator 2019 浜松説明会 in トライアルオフィス

今回は毎週行なっているピッチイベントとはちょっと違った、面白いイベントが開催されました!!

「始動」という次世代イノベーター育成プログラムというプロジェクトがあるそうで、
始動のHPより内容を少し抜粋致しますと。

Thinker to Doer 〜 より速く、より遠く、より力強く 〜
「始動Next Innovator」は、高い志を持つ仲間と切磋琢磨する「イノベーター育成プログラム」です。ダイナミックに世の中を変えるには、グローバルにユーザーやマーケットを捉え、共に進むパートナーを見つけていくことが必要です。「始動Next Innovator」ではシリコンバレーに代表されるスタートアップの方法論を知り、選抜者を実際にシリコンバレーに派遣し、本場のスタートアップエコシステムを体感することで、行動し続けられる世界に通用するイノベーターを育成します。

との事でした!

まだ世の中にない、新しい価値を創出するために今の領域をはみ出し、考えるだけの人から直ちに行動・実践する人へを育てるプロジェクトで国内プログラムは11日間あり、そのなかで選抜されたかたはシリコンバレーへ派遣され海外プログラムを受講するそうです!

今回、始動へチャレンジしよう!!という

チャレンジャーな方が皆さんの前でプレゼンをしてくれました(*^_^*)

イベント・企業PVなどさまざまな映像を制作している、filments 代表の深瀬さん
建築×映像でのこれからの新しいニーズをとらえ、動画だからこそ伝えられる今後の動画の可能性をこれからもまわりの方のアドバイスを元に深めて、色々な可能性を高めて行くのだろうなと感じました!

株式会社filments
http://filments.com/

オフィスデザイン、シェアオフィス運営などを行なっている株式会社エージェンシースギタ(Dexi)代表の杉田さん シェアオフィス運営から見えてきたコミュニティーの大切さ、空間だけでなく、人と人とのコミュニケーションの価値がその場所の価値に繋がる。新しい視点からこれからのシェアスペースの可能性や魅力を感じられるお話でした!

株式会社エージェンシースギタ(Dexi)
https://office.dexi.jp/

始動のプロジェクトに参加した事のある方々からの意見もたくさん出て、とても賑やかで勉強になる時間となりました。

お食事はオーガニックハウス「あさのは屋」のおにぎり&お総菜で色鮮やかな食材が見た目も楽しい、美味しい軽食でした♪美味しいお食事のご提供ありがとうございました。

オーガニックハウス 「あさのは屋」HP
https://www.asanohaya.com/

浜松には、熱い志を持ったイノベーターが多くいるように感じます!!
是非、ご興味のある方はHPをご覧下さい!
今年の〆切りは本日7月10日となりますので、来年を視野にいれてアイデアを膨らませて見るのはいかがでしょうか?

始動HPはこちら↓
https://sido2019.com/

次回イベントは7月12日(金)18:30~ スマート経営勉強会となります。
お時間ご都合がよろしければ是非遊びにきてください(*^_^*)
皆さんのお越しをスタッフ一同お待ちしております!

スマート経営勉強会「googleでここまでできる」

こんにちは、スタッフの大久保です。

毎月恒例の、月1スマート経営勉強会!

6月21日(金)は、【株式会社プログメイト棱野寿章さん】が講師を務めてくださいました!

今回のテーマは・・・「Google APPS でここまでできる」

みなさんの大半がすでにお持ちであろうgoogleアカウント。無料版でここまでできるのか!!という講座でした(^^)/

そもそも私はgoogleアプリ、メールとカレンダーしか使ったことないぞ・・・( ゚Д゚) もったいなさすぎますね・・・。15ギガも使えるのに・・・。

まずは、フォームについて勉強しました。

グーグルドライブ→新規→その他→フォーム

の順で行くと、アンケートやお問い合わせフォームを作成することが出来る!!このリンクを貼れば、自分のサイトやフェイスブック上にも反映できます。(基本)集計をグーグルスプレッドシートが自動的に行ってくれるので、集計もグラフ化も楽々♪

さらに!スプレッドシートの機能にはこんな裏技も!

「=googletranslate(訳したいセル,”ja”,”en”)」という関数を打ち込むと・・・

スプレッド上でGoogle翻訳が使える!勝手に訳してくれる!

国際化が進む私たちのビジネス・・・。共有事項の翻訳もグーグルさんに任せられますね♪

他にも、指定した人しか見られない管理機能があったり、データを連携させてウェブサイトを作ることができたりと、無料でここまでできるんだ!と驚くことばかりでした。

正直今回1番驚いたのが、稜野さんの年齢なんですけどね・・・。33歳くらいかなって思ってたら28歳だった・・・。(いい意味で)

 

月一勉強会、みなさんもぜひお越しください!ためになることが満載ですよ♪

 

はままつトライアルオフィスは定期的に登録企業様を募集しております。市内外・県内外の皆様の利用を心よりお待ち申し上げております。

6/7 ナイトピッチ「リモートワーク」

株式会社pnopの森島さんに「リモートワーク」についてピッチしていただきました。

クラウド等のコンサルティングを中心にソフトウェア関連サービスを提供している会社です。本社は東京ですが、森島さんは浜松で技術者としてリモートワークされています。

 

そもそも「リモートワーク」ってなに、、、?

→会社のオフィス以外で働くことを指します。

近年ではインターネット環境やコミュニケーションツールが普及・充実したことで、自宅やコワーキングスペースなど、会社のオフィス以外で働きやすくなりました。

交通費等の経費削減、優秀な人材の確保にもつながることから、企業側としても職種によって、会社以外での働くことを認めるケースが増えています。

 

森島さんはどのように仕事されているかというと、
朝は家事をして市内のコワーキングスペースで10時から18時頃まで仕事をすることが多いそうです。本社のある東京にいくのは月2回程度だけだとか。

会議等での情報共有はSkypeのようなコミュニケーションツールを利用しているそうです。

普段社員同士で顔を合わせて働くわけではないので、宴会やプロジェクトのキックオフ等の場に参加して、他の社員とコミュニケーションをとることを大切にしているとのこと。

 

働き方改革の推進や、共働きの子育て世代の増加を受け、自宅など会社以外の場所で仕事をする「リモートワーク」という働き方がひろがっています。

フレックスタイム制、時短勤務、リモートワーク、副業解禁…
自分のライフイベントごとに合わせて働き方を選べる時代がやってきそうです。

6/14 ナイトピッチはお休みです

本日のナイトピッチは運営側都合でお休みさせていただきます。

楽しみにされていた方、大変申し訳ありません。

次週は6/21(金)18:30から開催予定です。

スマート経営勉強会として㈱プログメイト 代表取締役 棱野 寿章様に

「Google APPS でここまでできる」というお話をしていただく予定です♪

よろしくお願い致します。